下田製畳所ブログ

「日記」のブログ記事

春の畳替えキャンペーン

 
春です。
 

入学式や桜の季節がすぐそこです。

 

桜吹雪の中を真新しいランドセルを背負って歩く姿が

 

またみられる季節になりました。

 

社会人一年生も四月から新天地で頑張ることでしょう。

 

気温の上昇とともに、本格的な活動の時期に入っていくように

 

感じられるのがこの季節ではないしょうか?

 

春はいろいろな意味で伸びていくような

 

そんな気持ちにさせてくれる季節だと思います。

 

 

*****************************


の畳替えキャンペーン情報

 やっぱり 安いが一番!

 ということで通常価格から 5%引き 致します。

この機会に是非どうぞ! 

       
ご覧いただきまして ありがとうございます! 


神奈川県大和市 下田製畳所 


*****************************

 

 

ダイケン清流14 灰桜色

ダイケン清流14灰桜色03.JPG 

新築のお宅に納入。

近年は灰桜色や亜麻色などが多くなりました。

昔の青畳のイメージはもうなくなりつつあるのかもしれません。

藺草の香りも忘れ去られてしまうのでしょうか?

 

ダイケン清流14灰桜色02.jpg

 

畳がなくなってしまうよりは良いかもです。

デザイン性と環境性能はこれからの畳にも必須のものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77777

 DSC_1624   77777 圧縮済み.jpg

やりました~!

気を付けながら走っていましたが、ちょうど家に到着する

直前で77777KMになりました。

早速自宅でパチリ。

 

 

 

 

亜麻色

 ダイケン清流6亜麻色.jpg

ダイケン清流6亜麻色

同色ですが市松敷きにしますと光の加減で
きれいに濃淡が出ます。光の反射の仕方が
縦横で違うからです。
 

ダイケン清流6亜麻色03.jpg

 

同じ部屋ですがこちらかの角度では濃淡の違いが判りませんね。

畳に反射した光が「人の目にどのように入ってくるか」の違いです。

 

ダイケン清流6亜麻色02.jpg

難しいことは置いといて

見た目が楽しければOKですね。

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

 鶴ヶ岡八幡宮.jpg

              謹賀新年

    本年もよろしくお願い致します。

     2021年は丑年です。

    ゆっくりでも確実に前進する

     そんな年にしたいと思います。

    

ホット織姫

 縁なし畳の織機です。

折り曲げるところにアイロンのように熱が通っています。

最高温度110度です。

ダイケン和紙表やセキスイ美草はこの温度で折り曲げます。

気を付けないとやけどします。

ちなみに天然イ草の時は季節によりますが40度ほどにします。

DSC_0078.JPG

DSC_0080.JPG

下側の銀色のプレートに熱が通っています。

冬場は暖房機代わりになります。(笑)

 

 

 

 

 

 

令和2年

 謹賀新年

 

今年は庚子(かのえね)だそうです。
庚は刃物や鉱物をさし、子は繁栄を意味します。
AIがさらなる進化を遂げるのか?
科学の進展に大きな飛躍があるのか?
そう思うとなんだかワクワクしてきます。

images.jpg

  大和市 畳 畳店 表替え 裏返し 価格 縁

今年もよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
  大和市 畳 畳店 表替え 裏返し 価格 縁

 
 
 

70000形

 DSC_1932.JPG

ロマンスカー70000形です。

半分仕事で?箱根湯本へ行ったときに乗ってきました。

チケット予約の時にどの型の車両なのかわかるので

選ぶのが楽しいです。

 

 

でもやっぱり7000形が一番好きですね。

OER-7000-Sagami.jpg

運転席乗ってみたかったなあ

 

 

 

茨城県にいきました。

ここは水戸の偕楽園内にある好文亭です。

常盤水戸藩の第9代目藩主 徳川斉昭により1840年頃に設計されました。

藩主の居所としてではなく、一般庶民も利用することができるように

作られています。水戸空襲で損傷しましたが、のちに復元されています。

畳の部屋も数えきれないくらいあります。

ちなみに斉昭公は江戸時代最後の将軍徳川慶喜の実父です。

 

DSC_1784.JPG

見晴らしも抜群です。

 

DSC_1766.JPG

襖絵も独特できれいです。

DSC_1762.JPG

今にもお武家様がお出ましになりそうな雰囲気を残しています。

 

 

 

 

 

ネイルガン

 

畳の角、縁(へり)の部分を止めるときに使います。

以前は手動でしたが今はエアーコンプレッサーを導入しましたので

簡単に使えるようになりました。

 

DSC_2080.JPG

 

 

DSC_2078 (2).JPG

このタイプは重量が軽いので作業も楽々です。

しかもかっこいいです。

最近の建築工具は見た目も大事らしいです。