下田製畳所ブログ

「畳替え施工例」のブログ記事

ホット織姫

 縁なし畳の織機です。

折り曲げるところにアイロンのように熱が通っています。

最高温度110度です。

ダイケン和紙表やセキスイ美草はこの温度で折り曲げます。

気を付けないとやけどします。

ちなみに天然イ草の時は季節によりますが40度ほどにします。

DSC_0078.JPG

DSC_0080.JPG

下側の銀色のプレートに熱が通っています。

冬場は暖房機代わりになります。(笑)

 

 

 

 

 

 

縁なし畳が人気です

 DSC_0112.JPG

DSC_0133.JPG

最近は4畳半に半畳を市松敷きにする部屋が多いようです。

部屋ではなく畳コーナーと呼ばれています。

リビングの一角に作ると色々な使い道があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

大和市内の高校作法室

 高校の作法室です。

お茶やお花のお稽古で使われています。

DSC_0904.JPG

 

DSC_0937.JPG 

DSC_0908.JPG

DSC_0943.JPG

 

きれいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

市松模様

 

 

 

P1000488111.JPG

 

こんな感じもいいですね。

しっかりと市松模様がでています。

ダイケンの清流目積表です。

まったく同じ畳表ですが、光の当たり具合でこのように

縦横の色が違って見えます。

光の反射の仕方が違うからです。

 

 

 

 

 

畳コーナー その2

 

 DSC_17391.JPG 

これはセキスイのショールームです。

最近テレビでも宣伝していますね。

和から洋へ畳もいろいろなバリエーションが出てきました。

                                    

 

 

 

畳コーナー その1

 

 

 

DSC_22361.JPG

 

最近は和室というよりも畳コーナーとしてリビングの一角に

畳を収めることが多くなっています。

「板の間もいいけどやっぱり畳もほしいな。」

そう思っていただいているようです。

 

 

 

居酒屋?

 

  

DSC_0815.JPG

 

キッチン前のテーブルを縁なし畳で囲っています。

ちょっと居酒屋風で面白いです。

お酒好きな人が集まっちゃいそうですね。

 

 

DSC_0817.JPG

 

 

 

 

 

目積ヘリなし

DSC_2314.JPG

ダイケンのすこやか表です。

機械すきの和紙をこよりにして織ってあります。

丈夫で長持ちですが、価格が高めです。

イ草に比べて縦と横の光の反射率が近いせいか

はっきりとした市松柄になりにくいですね。

 

P100048811.JPG

こちらはイ草で出来た縁なし畳です。

市松柄がはっきり出ています。

光の当たり方にもよりますが・・・。

 

 

 

12畳 縁なし

12畳間の縁なし畳です。

広いです。

柔道できます。

 

   DSC_1941.JPG

DSC_1943.JPG

他の部屋もいっぱいあってとても広い家でした。

何人で住むのかなあ?

 

 

畳コーナー

最近では畳の枚数が少ない建物が増えています。

和室と呼ばずに「畳コーナー」と呼ぶところもあります。

リビングの一部に3畳や4畳の小上がりを設けて畳敷きの

和風コーナーを作ることが多くなりました。

まったく畳のない建物が増えてきているので

たとえ1畳でも畳のある暮らしを楽しんでいただけたらうれしいです。

DSC_2236.JPG